東京でおすすめの美容整形について|美容整形外科と形成外科の違い

おすすめの脂肪吸引方法

鏡を持つ人

東京で美容整形施術の脂肪吸引を受ける方は少なくないでしょう。その脂肪吸引を受ける理由に「早く痩せたい」ということがあります。苦しい食事制限や運動しても、痩せることができなかった方は多くいます。そういった方におすすめの美容整形が、脂肪吸引です。おすすめの脂肪吸引は、東京でも受けることが可能です。美容整形の病院は東京に多くあるので、受ける際は事前に料金や施術期間などを確認してください。何故なら、脂肪吸引には様々な治療方法があり、その方法で料金や施術期間が変わります。また、同じ東京でも料金が違ってくるので注意しましょう。
では、脂肪吸引の治療方法について説明しましょう。まず「ハイパーインフレート法」です。この治療方法は、吸引する箇所の脂肪に麻酔薬や生理食塩水を注入し、脂肪を柔らかい状態にして脂肪吸引します。そのため多くの脂肪を吸引することが可能なのでおすすめです。次に、「ボツリヌストキシン注射」です。この治療方法は、細くしたい箇所にボツリヌストキシンを注射します。その箇所にボツリヌストキシン注射をすることで、筋肉の働きを抑え、痩せさせます。しかし、定期的な注射が必要なため通院をすることになります。上記で紹介した2つの方法は、大きな効果が現れるおすすめの美容整形方法です。しかし、2つ方法に共通することが、痛みです。定期的な注射や脂肪吸引の管を入れるために吸引過箇所に穴を開けます。早く効果を出すためには、痛みを我慢するしかありません。でも、穴を開ける時は麻酔をかけますし、注射も一瞬の痛みだけです。そのため、そんなに苦にならないので安心して下さい。それでも「痛いのは嫌だ」という方もいるでしょう。そういった方におすすめの治療方法があります。それは、レーザー脂肪吸引です。 上記に紹介した治療方法のように、吸引箇所に穴をあけることなく、脂肪を減らす事ができるのです。その方法は、レーザーで脂肪細胞を溶かし、脂肪を減らします。その溶けた脂肪細胞は汗やおしっこといった老廃物と一緒に体外に流れていきます。そのため身体への影響もなく、またリバウンドもしにくいです。しかし、レーザー脂肪吸引や2つの治療方法をするにあたって必要なことがあります。それは生活改善です。どんなに脂肪吸引しても、今までの生活が変わらないと、リバウンドする恐れがあります。その治療を機に生活環境も見直しましょう。