東京でおすすめの美容整形について|美容整形外科と形成外科の違い

様々な麻酔方法とは

カウンセリング

普段の生活に痛みはつきものです。例えばタンスの角に小指をぶつけたり、料理中に包丁で指を切ったりなど、痛みと隣り合わせの生活を送っているでしょう。その痛みの不安は美容整形手術にもあります。美容整形手術は痛いと、思う東京の人は少なくありません。ですが、今の美容整形手術は進んでおり、痛みをさほど感じない手術が受けることができます。その痛みを抑えてくれるのが麻酔です。東京の美容整形手術に麻酔は欠かせません。そんな患者の痛みを少しでも和らげてくれる麻酔には、様々な種類の麻酔があります。ここでは、麻酔の種類について紹介しましょう。最初に紹介するのは、ガズ麻酔です。麻酔のガスを吸い込み、身体を麻痺させ痛みを感じなくさせます。この麻酔は、短時間の手術の場合に使われることが多いです。また麻酔が切れるのが早く、麻酔の倦怠感が残りません。次に紹介するのは麻酔注射です。麻酔と言えば注射というくらい、メジャーです。方法は、注射器で麻酔薬を注入します。そのため、部分麻酔などに多く使われます。しかし、注射するので痛みがあります。でも、安心して下さい、現在はヒアルロン酸が混合している麻酔があるため、痛みを軽減できるようになりました。また、麻酔注射を受ける時におすすめなのが極細針を使用した注入方法です。極細の針を使用するので、注射されていることがわからないくらい、痛くありません。最後に紹介するのは麻酔テープです。これが一番おすすめの麻酔になります。何故 、おすすめなのかと言うと注射器を使用しませんし、ショック反応が無いからです。テープなので患部に約30分貼ることで麻酔効果が現れます。それに、注射器で麻酔薬を注入しないため麻酔薬からくるショック反応がありません。整形手術以外にも皮膚科でイボ切除に使われます。
東京でおすすめの美容整形クリニックでは、無痛手術を目指しているところがほとんどです。やはり痛くない手術が良いでしょう。名医が多い東京の美容整形クリニックで、今以上にキレイになれますよ。