東京でおすすめの美容整形について|美容整形外科と形成外科の違い

二重手術後の禁止事項

医師と患者

東京で受ける美容整形手術の中で、一番人気は二重まぶたにする手術です。何故なら、目は印象を決めるために重要部分だからです。そのため、印象のよい二重まぶたにする人が東京には多くいます。ですので、二重まぶたにする手術を受けることができるクリニックは東京にたくさんあります。今から美容液手術を受けようと思っている人は、口コミ情報やランキングなどでおすすめされているクリニックを確認しておきましょう。人気がある二重まぶたの美容整形手術を受けたい人はたくさんいます。ですが、実際の手術内容や術後はどうなるのかと気になっている人 も少なくありません。ここでは、二重まぶたの手術内容と術後について説明しましょう。最初に、紹介するのは手術内容です。まぶたに糸を埋め込み、その糸でまぶたを引っ張り上げて人工的に二重まぶたを作るのです。その美容整形手術を埋没法(まいぼつほう)と言います。手軽に二重まぶたにしたい人に、埋没法はおすすめです。しかし、埋没法を受けた場合は目のむくみがでます。でもむくみがなくなるのが約4週間後なので、あっという間に治ります。ただ、手術直後は禁止事項2つあります。それはコンタクト着用禁止とアイメイク禁止です。まず、コンタクトの着用は、なぜ禁止なのかと言うと術後の目は炎症や腫れが起こりやすくコンタクトを着用しにくくなるからです。またコンタクトがまぶたに負担をかけて、手術時に埋めた糸がズレるケースがあるからです。次にアイメイクがなぜ禁止なのかと言うと、手術後にアイメイクをすることで菌が入り、化膿や炎症を引き起こす原因になるからです。そのため腫れが収まるまではアイメイクを控えましょう。そういった禁止事項を必ず守って下さい。守らない場合は、再手術をする可能性があります。
また周りに手術跡を見せたくない場合はマスクやサングラス、メガネなどで印象を変えながら隠しましょう。目を守るためには日常生活も気をつけましょう。東京では通勤ラッシュやスクランブル交差点などの混雑している場所が多くあります。そういった所で人にぶつかり目をケガする恐れもあります。そのため手術後は混雑している場所を避けましょう。
東京にある美容整形のクリニックには様々な手術方法があります。クリニックによって、おすすめの手術方法が異なります。そのため、おすすめの理由など、担当医としっかり話をして決めましょう。